ホーム > トピックス一覧 > トピックス本文

トピックス

十日町の伝統工芸「ちんころ」を小学生と一緒に作りました!

10.5.14

 様々な教室で活躍中の「JA十日町 食育サポーター」。今回は、福嶋恭子さんと樋口正美さんのお二人が市内の川治小学校へ出向き、十日町の伝統工芸品である“ちんころ”作りを伝授してきました。
 子どもたちは初めて作るちんころに興味津々。お米の粉(上新粉)から出来た生地で、何の形を作ろうか、それぞれ思いがめぐります。
 

思いおもいにちんころを作る子どもたち
思いおもいにちんころを作る子どもたち

 一つひとつのちんころを格別の思いで作り上げる児童たち。その真剣な眼差しとは一転、出来上がったときのあどけない笑顔が、とても印象的でした。

出来上がったちんころを披露しました
出来上がったちんころを披露しました

 十日町には、昔から伝わる食文化や伝統工芸品など、子どもたちに伝えたい素晴らしいものがたくさんあります。学校や地域と連携してその輪を広げていけるよう、食育サポーターの更なる活躍が期待されます。


 

このページの先頭へ