今月の農業人

十日町で農業を頑張っている人=『農業人』
『農業人』一人、一人の想いや、それぞれのストーリーを毎月紹介していきます!

みんなで楽しく!地域で支える農業

上山  藤ノ木 功(いさお)さん(32) 中里の上山水稲組合に務める藤ノ木功さん...

>>続きを読む


耕作放棄地を開拓 総作付け面積20haを目指して

中条飛渡 池田 太一さん(35) 元農協職員でもある太一さん。 職員として直接農...

>>続きを読む


つながり強く 若手農家に交流の場を

小黒沢  宮澤 健太郎さん(41) 幼い頃から父が農業を営んでいたため、中学校3...

>>続きを読む


鐙坂の農業を盛り上げる 7代目の後継者

南鐙坂  保坂 法夫さん(31)  新潟大学法学部を卒業後、農業大学校に入学し、...

>>続きを読む


認証取得をし 消費者に安心を届けたい

南雲  金澤 一裕さん (23) 長野県にある八ヶ岳中央農業実践大学を卒業し複合...

>>続きを読む


都心の若者を巻き込み 農業を盛り上げたい

如来寺  服部周さん (28) 就農から7年。 父の後を継ぎ、専業農家として農業...

>>続きを読む


食べる人の喜びを糧に 目指すは父

新規就農から5年目―。 農業大学の園芸科を卒業後、子供の頃から手伝ってきた農業の道へ進み農業後継者となった竜斗さん。 オータムポエムとカルビタトマトの栽培を任され、より責任を持って取り組むようになり、また自然相手の農業の難しさも感じています。

>>続きを読む


デザイナーから農家へ 地域で守る農業

『食べることが好きで料理が好き』 そんな山岸さんが農家になることは実は必然だったのかもしれません。 「関東でデザイナーとしてホームページ制作や広告制作などの仕事をしていた20代の頃、農業をしていた祖父が体調を崩し、そこで長男の私が継ぐことになりました」

>>続きを読む


作る喜び 夫婦二人三脚で63年

ベジぱーくがオープンした当初から直売所に出荷をし、それが毎朝の日課になっているという上村さんご夫妻。 栽培は全て秀好さんが行い、それをベジぱーくまで運び、出荷作業をするのがキクさんの役目。

>>続きを読む


地域と繋がり 環境保全を見据えた農業を目指して

兵庫県が出身という吉井さんが就農したきっかけは、新潟市で働いていた20代の頃にまで遡ります。 職場の同僚がまちづくりの一環で立ち上げた『農家と交流するグループ』に誘われ参加、そこで出会った豊栄の農家さんの姿に感銘を受け、頑張った成果が目に見える農業という職に憧れを抱きます。

>>続きを読む


耕作放棄地を宝の山に 山菜で地域の活性化を

元JA十日町の職員でJA十日町の経営管理委員を務める村山良一さん。 退職後に、山間地域での兼業農家から専業農家になり、稲作と山菜などの複合経営を行っています。

>>続きを読む


  • ATM案内
  • 高齢者支援
  • レシピ集
  • ローン相談会
  • 今月の農業人
  • ポイントを貯めよう
ページ上部へ